親、来襲

どうも、最近バースト再び、な私です。

そんなわけで神経衰弱気味になんとなく実家に電話した日曜夜。
そんなこともすっかり忘れて起こされた月曜朝の電話は「今夜、たぶんお母さんと一緒にそっちにいくから」というもので、
会社でぐあーと仕事をしていたら、まじで会社の前まで来ておりました、月曜の夜。
実家からこちらまで2時間半、仕事終わってからとばしてきた模様。その勢いでギロッポンにGO。うまい飯とサービスをご馳走され、東京タワーもかげるようなネオンを抜け、「それじゃ」と言って帰ってゆきました。
そして今日、相当落ち着いている自分がおりました。
実は先日、相当荒れた昇格試験の結果が○だったのですが、その際とは比べ物にならない心の安定がありました。
自分がこういった家族の愛情に応えずに時間と労力をかけてきたものは、自分が厳しい状況ではまるで役にも立たたず、
これまで囚われてきたもの、自分にとって何が本当に大切なのか、思い知らされる事件でした。
もちろん仕事の成果が昇格だけでは当然ないのですが、この不景気だとお金ぐらいが仕事の価値になっていました、自分。
まぁはたから見れば、相当過保護なうちの親ですが、子供からすると、この行動力と愛情、それができる精神的物理的余裕というのは、最高の尊敬にあたったりしています。すごく勢いだけですが、今日はこんなかんじでおやすみなさい。

私の歴史が四半世紀を迎えました

誕生日でした。良い1日だったので、メモ…これでいつ鬱になっても思い出という糧で食いつなげるよう(笑)

ま、迎えたのは帰宅途中の電車で、なんとなく暗い気分だったので、さらに気分悪くしてやろうと思い
DVD「My Life without Me(邦画名:死ぬまでにしたい10のコト)」を借りてみたけれど、
カナダで偶然友達になったずっと年下の友人から1番にメール(彼のよりも感動的な)がきたり、ドアノブに同期からのプレゼントがかかってたり、そもそも映画の内容が結構良かったりで、睡眠不足ぎみではあるものの、すばらしくすべりだした。

日中は、日頃からあぴっていただけあって、社内からは主に食べ物、最近よく話をしているベンダーさんはわざわざ用意してきてくれてさらに昼飯おごってもらい、夜はチーム内で色々兼ねての飲み会あり、そして明日は休みなのでまったりでき、心地よいまま1日を終えた。

ただ生まれた日ってだけで、おめでとうと言われ、ありがとうと答えるってのは、ほんと、生きてるだけで儲けもんだなぁと感じた。
さて、今週末は福利厚生を使って椿山荘に泊まっちゃいますよ~♪♪

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

終わりよければ全て良し…か?

この人好きだな、と思った人に、好きだと言ってもらえました。忘年会の出来事でしたが、けして忘れやしません。今年もありがとうございました。
さて、年末年始は九州満喫して参ります・・・ONせーん!

追記:珍しく彼からツッコミが入りました。いやいや女の子にも言ってもらえたし、まぁそんなノリで。仕事を通じてこんなに楽しい人付き合いができるとは夢にも思っていなかったので、本当に幸せな年となりました、というぼやきです。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

QotD:幸せな人生

Q.あなたにとって「良い(幸せな)人生」とは?

voxではブログネタとして、全体への質問が毎日更新されている。今日の質問は↑。丁度当面の人生設計を考えなきゃいけないアンケートがきたので、ついでに考えてみた。

自分にとって幸せな人生とは、自分が生きた道なら何でも幸せになる気がする。それが例え山有り谷ありでも、ありきたりな人生でも、生きていれば、それが幸せな人生なんだと思う。万が一不幸で突然死んだとしても、死ぬ直前(死のうと思う直前)までは生きようとしていたのだから、即ち幸せだから生きていたってことになると思う。

だから幸せな人生とは、命尽きるまで生きようと思える人生、幸せだと思える人生だ。即ちこ質問は、今の自分が感じる幸せとは何か、って質問になる。まぁ当たり前なんだけども、改めそうなんだなと思った。

そんなわけで、自分にとっての幸せな人生とは、なんだって幸せだと思える生き方だと思う。
デタラメにポジティブなのは宗教臭いから、シニカルにポジティブでいたいかな…これもナルシストという名の宗教臭いけど。
そのためには、色んな人と深く知り合って、価値観を広げたい。だいたい自分が不幸な考えに陥るのは、自分の狭い世界観に陥ってしまっているときだ、はたから見ればどうでもないことにハマっている。

つまるところ、親友とか師匠とかが多い人生なのかな。そのためには、まず自分が良き親友、師匠たる人物でないとなぁ…あー無理っぽい(笑)

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

部屋ごはん

今日は「第2回、部屋ごはんwithYちゃん」だった~★
前回は自分から誘ってて、ウゼー奴とか思われないかしら~と思っていたけど、今日はYちゃんからのお誘いで安心した~
先週末は温泉も一緒にいったし、とっても仲良し気分~♪♪
お互いお風呂はいってから、またーり体育座りしてTVみながら話しながらごはんした~余ってたワインも飲みきった~

やっぱりせっかく同じマンションにいるんだから、こんなふうにごはん会やったりとかしたいな~4月からもv 今回諦めたジェンガも、4月は持ち込むぞ~ (* ̄∇ ̄*)

Yちゃんもそだけど、同期は気の合う人というか、初対面に関わらず旧友みたいに気楽に楽しく話せる人が多くて幸せ~
でも高専や大学に入るたびに気の合う人多いな~ってかんじてたから、ものすごくコアな環境に進んできてしまっているのか、それとも人間の幅のようなものが広がったのか…

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する