ブルーマンデーの特効薬

金曜にネズミーランド、日曜にはとバスで横浜ではしゃいできたので、今日はいつになくおもーい月曜だった。
しかも研修とはいえ軽くしゅらばって、自他共に心の余裕がなくなっていくのをヒシヒシと感じた。

帰宅中、音楽でも聴いてリラックスしようとしても早々気分は晴れなくて
(ってのは、このときの音楽は一時的な現実逃避だとどこかでわかっていて)
どうしたもんかと思っていたとき、ちょっと所要で実家に電話したら、珍しく父親がでた。
その声は、何にも勝る特効薬だった。話の内容はほんとにどーでもないことなのに。

自分を何よりもずっと大切にしてきてくれた人の存在に、まだ頼らずにいられない自分は情けないけど幸せで、まだまだ思いっきりやれるって思えた。自分を教えてもらえる存在は本当に大切なんだと再認識した月曜日。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

光触媒

社会人初の母の日。毎年綺麗な造花のカーネーションを1本づつ送って、部屋に飾ってもらおうかとか思ったけど、なかなか綺麗なカーネーションを1本だけ、というのが見つからなかった。

それで結局光触媒の造花を送った。
光があたると空気がきれいになったりするらしい、若干怪しげなアレ…母からの感想を楽しみにしよおっと。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する