みんなDEどーもくん!公開収録

Featured image

遅くなったけど、みんなでどーもくんの収録に当たって行ってきたので備忘録。
↓番組HP(2015年2月現在)
http://www4.nhk.or.jp/minnadedomo/

続きを読む

広告

日テレ公開収録のログ

スガさんのファンクラブ特典で、TheMというMCが石井竜也&劇団ひとり&ノリピーの歌番組に行ってきた、午後休で。

上司に正直に言ったら、その場は「仕事次第」だったけど、あとでメールで「せっかくだから…」とOKがでた。
ビバ上司。あなたにあと1年ぐらいはついていく気になりました。

んでもって、日テレ汐留タワー横に16:45集合。今回のゲストはスガさんだけでなく、トータス松本さんもで、両方のファンクラブ会員計100名ほど集合。局の人は、修学旅行の引率みたいになっていた。

そんでもって並んだり歩いたり待ったりして、18時前にスタジオ入り。客席から見下ろすようなセットになっていた。
で、自分はラッキーにも整理番号8番だったんだけども、どこからともなく20歳前後のカワイイ女せいがやってきて、最前席を確保…こ、こりゃぁTVに汚いものが写らないための壁ってやつですか!! と隣の人と話す。

全員着席後、下っ端ではなさそうな人が「まずは挨拶からお願いします!みなさん、こんばんはー!」とかいう説明のあと、前説の芸人さんがやってきた。東京なんとかってので、「かえったらググってください」とか言ってたけど、東京なんちゃらという時点で、ヒット件数が多すぎて見当たらない。東京ってつく芸人って03くらいしか知らないしなぁ…

前説後、MCの3人がわーっと入ってきて、合間もなく「本日のゲストはトータス松本さんとスガシカオさんです!」と収録スタート。これはびっくりした。今まで会話していた人がいた場所が、もうすっかりテレビになってしまった、というか、番組を作る材料の一つになったというか。

スガさんどころか、こんなテレビの人達をナマで目線のあう位置で見るのは初めてのことで、「あーこの人達も同じ人間なんだなー」と実感した。まぁ頭でわかっていても、テレビでしか見ていないと、それこそアニメみたいに作られたもののような気がしていたわけで。
でも例えばノリピーが盛り上がる男子会話についていけないがとりあえず「すごーい」とか笑顔でいってあわせているだけの女子になりさがっているあたりをみて、あーリアルな人なんだなーと思った。

そもそもノリピー以外は芸人と生粋のミュージシャンなわけだから、ただ話しているだけだと、本当にその辺にいそうな、いわゆる花のない人達だった。これが切ったりはったりすることで、凄そうな絵になる、と思うと、やはりテレビでみていたのは、リアルな人ではなかったんだと思う。

今回は歌は別撮りだったけど、唯一松本さんが新曲を弾き語りする収録があり、そのとき初めて「あ、すげー」と感じた。
こんな間近で人の歌を聴くなんてカラオケぐらいで、やっぱり「カラオケ上手い」と「プロ」は全く別物なんだなーと。今まで聴いたこともない声というか音だった。

結論。テレビはエンターテイメントなんだな、と。今回スガさんはコラボで松本さんと一緒に歌ったりしたんだけども、ファンでなくてもありゃ無理ありすぎで、客席はVTR見て失笑しているのに、MCはカンペどおり「全然違う二人なのに、ぴったりでしたね!」なんて言っちゃう。そんな一方通行で偏っていたって、そういうストーリーであるエンターテイメントなんだ、被写体は人であっても、映し出されるときには人ではなくなっているんだ、というのをすごく体でわかってしまった公開収録だった。このロジックをわかった上でテレビを見てたら、もう少し頭よかったかもしれないと思う。