Gohst

あけMAX。今年もよろしく~・・・って遅いか。新年一発目から真っ青な長文だよ。

先日、PDCAのPの人達とCする軽い分科会みたいなので、
より良い、新しいものを作るとか、ニーズに応えるとか、そんな話を聞く機会があった。

でも共有化して並列化して画一化が加速している商品(ある意味人材)やサービスにとって、
シーズとかニーズというのは、必要だし、それがきっかけにもなるけど、
数年以上続くような、持続可能な条件としては足りないのでは?と。

入れ替わるTVアイドルにしても、ある意味人生における人間関係にしても、
それが良いか、悪いか、適切かは、
その「現在」に蔓延した、支配していた思想や環境によるもので、
それが変われば、まるで嘘のように消えていく。

じゃ消えないものってなにか。
それは、そもそも消えないもの、確かなもの、に依存するんだろうと。
そんなものあるのか、と思ったけど、それは「我思う故に我あり」で、
個々人にとってのDNAのような、攻殻で言うならゴーストの一部になるようなものだろうかと。

小さい頃から食べていたものはずっと求め続けるだとか、
一部のブランド品が、物でも流行のステータスでもなく、その人の一部になって、
それが消えないものになっていく。

そう思うと、製品やサービス、それこそ労働力を提供しようとしたとき、
それが良いものか、適切なものかは最もながらも、もしかするとそれ以上に、
提供対象の生活サイクルだとかDNAに刻み込んでいくような、
そういった仕掛けが 、今後画一化していく社会での競争力になるのかしらと。
グローバル化もさることながら、そこでのラストワンマイルを詰められなければ取って替わられてしまうじゃまいかと。
会社組織にゴーストがあるかは別として、有能無能とは別に、存続に必要なDNAを引き継げる人材が 求められていくのかとか。
あでもトップが変われば人材も変わるから、会社にゴーストはないか。しかしそんな会社は、人々に刻み込まれにくいので、いつか消え行くかとか。

等々思ったけど、それも、50年とか100年単位で考えると違うのかな。
例えば皇室は、昔とべればかなり存在が薄くなっているし…あでも、それは思想教育をしなかったからか。
影響を与えやすいもの、例えばサグラダファミリアは世代を超えたものだし、世界遺産は地球の記憶とか言ってた気がするし。
いや別に、そんな先のことはどうでもいいんだけど、個々の創造性が共有化や並列化の波に飲み込まれていく社会で、
私達は消えないものに意識を向けるべきなんでは・・・ともんもんと考えた。
あーだめだ全然オチつけられない。しかし読み返すと至極当然のことのようにも思う。

陸の生活

以前、PJの成功率は大航海時代に船が無事辿りつく割合と同じと聞いたことがある。
このメタファーは結構好き。まぁSIで、ブルーオーシャンを目指している船がどれだけあるかは知らないけど。
船員達はそれぞれに責任があり、そのどれ1つでも狂えば船は沈没する。
例えば船に小さな小さな穴を空けてしまったときに、布でも詰めておけばバレないだろうとほっておくと、
いつの間にか船底は海水で満ちる。そうなったらひたすら寝る間もなく水をくみ出す。
そこには経験も知識もなく、ただ体力まかせに水をかきだし、空いてしまった穴を見つけ出す、
地道でみじめな肉体労働になる。
これに対して今の仕事を考えると、田畑で虫や鳥から作物を守る、陸の生活だと思う。
もちろん生産者や責任者は、日が昇る前から落ちた後まで働くかもしれない。
けれど畑を守護する一兵卒として働く分には、虫や鳥達がやってくる昼間だけ働けばよい。
また海の上と違い、人員の補充もしやすいため、長時間働く必要もない。
それぞれの生物に対する対処法はある程度あみだされており、的確に処理していく。
たとえ1羽捕らえ損ねても、少し作物をかじられるぐらいで、全員を貶めるような被害には発展しないし、
足を滑らせて海の藻屑に消えるようなリスクも、少なくとも一兵卒にはない。
竜巻のような災害に見舞われることはあるが、それは一兵卒にはどうにもできないことで、
何ヶ月も休みなく働き続けることや、溺れ死ぬことはないだろう。
そこには、海の男の、さもすれば個性の衝突や戦いになるような夢やロマンはない。
みんなで地道に農作物を守っていく。
現場によっては、ファーブルのように熱心に観察するようなところもあれば、
逆に、ただカカシのように立っているだけの畑もある。
何故そんなに差があるかと言えば、どんなに心血を注いでも、その作物が売れるかどうかは
また別次元の話で、いわばボランティア活動にような毛色があるからだと思う。
無農薬をうたうため、農薬は使わないでねーという大雑把なルールがあるだけで、
化学肥料はどれだけ使っても消費者にはわからない。そんなあいまいさがあるように思う。
とにかく新大陸に最初に辿り着いたものが土地の所有者となる、というわかりやすい利権争いはない。
それは退屈で低リターンな仕事とも言える。
だが、将来的には作物の販売を目的としている自分には
どのような作物が、どのような形状や味で、どんな鳥に好まれるのか、という知識は有り難い。
そういった意味では、海の生活が躍動に満ちた日々かというと、妻や子供を養うために、
さして賛同もできない船に乗った人間にとっては、不毛な日々になるだろう。余談だが、こういった人が、
船が沈みかけたとき、さっさと残り少ない救命ボートに乗って去ってゆく姿を見送ったことがあり、
そこには、いっそ矢で射り殺してしまえ、というような殺伐した空気があったが、
今のところ陸の生活でそんな修羅場を見たことは無い。
色々話がそれたが、どんな仕事だって、その作業自体が自分の物語に叶っていることが大切なのだと思う。
もちろん世の中には、住めば都という順応性の高い人もいるけどね。
とにかく陸の降りて3ヶ月、今のところ、私は地に足をつけた、人間らしい生活を満喫している。

ある日の職場

来月には引っ越してしまうのですが、今のデスクは
隅田川沿いの眺めの良い席で気に入っています。
よく川原沿いではロケをやっていて、有名人を見た、
なんて人も結構います。
写真は、少し前に大きな虹がかかったときの様子。
虹よりこっちのほうが面白くて撮ってみました。
なんだかのどかでした。。仕事は全然のどかじゃないのですが。。

記事を見てコメントする | 友だちに紹介する

存在への勇気付け

今日も蒸し暑い中ぼやーっと会社に戻ってきたとき、突然腕を掴まれました、私です。

皆さんお盆前、いかがお過ごしでしょうか。
その掴んだのは1年ほど前に仕事が一緒だった人で、びっくりしましたが、なんだか嬉しかったです。
正直ある程度付き合いのなくなった人や、今付き合いがあっても苦手な人だと、
相手が気がつかなければ自分はスルーするので、
わざわざ掴まえてくれたってことはそうでない、と勝手に思ってニヤニヤしてました。
思い出すと、その人関連のチームとの飲み会が結構楽しかったし、なんだろうな、と思ってみたら、
そういえばそのチームで自分は相当役立たず(ミーティングではよく居眠りこいてたし)で
能力はさっぱり認められていないのに、何故かよく親しくしてくれました。
存在意義がなさそうなのに存在を認めてくれている、存在自体への勇気付けが心地よかったのかな、と。
これはよく子供の教育で、叱りすぎず褒めすぎず、「いてくれるだけでいいんだよ」と
わからせる行為に近いのかな、と思いました。ってことは、今の自分、子供並に弱ってるのかもしれませんが、
まぁそういうのは何歳なってもうれしいということで。
勿論、自分より能力がないので優越感に浸れるだとか、そういう理由が相手にあるとは思います。
ただ自分の中の絶対評価で、別に大したことができなかったりやらなかったりしてもいいんだ、という実感、
頭でわかって落ち着いた気分になっていても、そういうのをしっかり実感できることって
思っている以上に重要なんだな、とぼやーっと感じた出来事でした。

社会人3年目

帰宅が一緒になった同期と、マックを貪りながら迎えた3年目。
初めの1年は何もかもが新しく、その後の1年で働くことの酸いも甘いも、それなりにわかったような気がします。

結構純粋に、すべては自分次第なのだと思える心の落ち着きが、何よりの成果のような気がします。

親、来襲

どうも、最近バースト再び、な私です。

そんなわけで神経衰弱気味になんとなく実家に電話した日曜夜。
そんなこともすっかり忘れて起こされた月曜朝の電話は「今夜、たぶんお母さんと一緒にそっちにいくから」というもので、
会社でぐあーと仕事をしていたら、まじで会社の前まで来ておりました、月曜の夜。
実家からこちらまで2時間半、仕事終わってからとばしてきた模様。その勢いでギロッポンにGO。うまい飯とサービスをご馳走され、東京タワーもかげるようなネオンを抜け、「それじゃ」と言って帰ってゆきました。
そして今日、相当落ち着いている自分がおりました。
実は先日、相当荒れた昇格試験の結果が○だったのですが、その際とは比べ物にならない心の安定がありました。
自分がこういった家族の愛情に応えずに時間と労力をかけてきたものは、自分が厳しい状況ではまるで役にも立たたず、
これまで囚われてきたもの、自分にとって何が本当に大切なのか、思い知らされる事件でした。
もちろん仕事の成果が昇格だけでは当然ないのですが、この不景気だとお金ぐらいが仕事の価値になっていました、自分。
まぁはたから見れば、相当過保護なうちの親ですが、子供からすると、この行動力と愛情、それができる精神的物理的余裕というのは、最高の尊敬にあたったりしています。すごく勢いだけですが、今日はこんなかんじでおやすみなさい。