ユニバーサル・スタジオ・ハリウッド

最終日はユニバーサル・スタジオ・ハリウッドへ。

USJと1番違ったのは、スタジオツアーがあることだった。アトラクションは言語が違うくらいだったけど、スタジオツアーは、本当にハリウッドの映画村をアトラクションを交えて観覧できるのだから、これだけで来て良かった。宇宙戦争で使った、本物の飛行機をばらしたセットや、ヨーロッパ風、西部劇風の街など、こういうところで本当にそういう世界にいるように演技する俳優さんは、本当にすごいなぁと思った。

写真はTOKYO DRIFTの実際に使ったセット。だいぶ近くで、迫力があった。

広告

ロサンゼルス

3日目は、ラスベガスからロサンゼルスへ。飛行機で1時間。砂漠の街から海辺へ、背の高い椰子の木が印象的だったが、やはりロサンゼルスも雨が少なく、これらの緑はすべてスプリンクラーで育てたものらしい。

とりあえず今日は市内観光、メインはやはりチャイニースシアターかな。ドナルドやら3POやらの足型もちゃんとあった。
隣にはアカデミー賞授賞式をやるコダックシアターがあり、これにはちょっとがっかりした。むちゃくちゃ普通、というかどちらかというと小さい建物、通路。こんなところがカメラマジックであんなんなるのかと思うと…

夜はリトル・トーキョーに行ってみたけど、これは観光地ではなかった。夕食で食べたカルフォルニアロールとかは美味しかった。

グランドキャニオン

ラスベガスから飛行機で2時間、グランドキャニオンへ。

国立公園になってるので、いくつか見るポイントがあるらしく、2箇所から見た。一番古い層は18億年前のもので、一番新しくても2億年前で、こんなに綺麗に残っているのはここだけだとか。
晴天でよく見えたけど、やはり砂漠の真ん中にある地層だけあって風化した色彩だった。

ラスベガスに戻ってからは、宿泊したホテルモンテカルロのマジックショーを見た。ランス・バートンという有名なマジシャンらしいけど、同じ価格で食事つきだったハワイのマジックショーの方が良かったなぁと思う。浮くとか消えるとか、ワンパターンすぎたなぁと。

因みに星4つに関わらず昨夜は、バスルームに髪の毛が落ちてたり汚なかったけども、今夜はきれいなっていた。同じホテルに泊まっていた人に聞いたところ、やはり綺麗だったり汚かったりしたそうなので、メイドによるのか、チップによるのか…ともかくもう泊まる気にはならない。

ラスベガス

アメリカ西海岸へ4泊6日行ってきた。1日ずつ分けて記録。元旦は以下の通り。

初日は成田からポートランド経由でラスベガスへ。
ラスベガスの空港にはスロットがあった。さすがと思ったけども、待ち時間には丁度いいよね。

ホテルに着くともう夕方で、辺りをふらふらした。
といっても、道路沿いの幾つかのホテルで、無料のショーをやっているということで、とりあえずオーシャンズ11で有名なベラージオに向かった。

ベラージオは音楽に合わせて踊る噴水のショーで、日が落ちる前と後2回みたけども、暗くなった後は光が反射してとてもきれいだった。

ついでにカジノとバフェ(バイキング)もベラージオで楽しんだ。スロットとビックシックスだけやった。ちょこちょこあたったけど、結局すべてすってしまった…まぁこんなもんだよね。